========= 記事一覧はこちら ========

2008年12月15日

秋の七草の順番

秋の七草はどこをしらべてもゴロが悪いのしか出てこないので、
ゴロのいいよう五七五七七に並べ替えてみました。

 ハギ オバナ
 キキョウ ナデシコ オミナエシ
 クズ フジバカマ、秋の七草

 オバナはススキの場合もありますが、同じものだしどちらも三文字だから、入れ替えてもリズムには影響なし。

 ハギ ススキ
 キキョウ ナデシコ オミナエシ
 クズ フジバカマ、秋の七草

 キキョウのかわりに朝顔が入っているものもありますが、広辞苑では、「朝顔(朝顔は今のキキョウをいうか)」とあります。
 オミナエシとフジバカマを入れ替えてもリズムはいっしょですが、これは好みの問題ってことで。
 秋の七草は、紫系の花が多いですね。

ついでに、春の七草。
こちらは辞書・辞典に出てくるものも始めから五七五七七。

 セリ ナズナ
 ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ
 スズナ スズシロ、春の七草

一応、漢字や別名なども
【春】
芹=セリ
薺=ナズナ
御形=ゴギョウ=オギョウ=ハハコグサ
繁縷=ハコベラ=ハコベ
仏座=ホトケノザ
菘=スズナ=蕪=カブ
蘿蔔=スズシロ=大根=ダイコン
【秋】
萩=ハギ
尾花=オバナ=薄=ススキ
桔梗=キキョウ
撫子=ナデシコ
女郎花=オミナエシ
葛=クズ
藤袴=フジバカマ

漢字だけで書くと、読んでみようという気がまったくしません。

芹薺御形繁縷仏座菘蘿蔔春の七草
萩尾花桔梗撫子女郎花葛藤袴秋の七草

タグ:植物
posted by biobio at 12:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物調査の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。